• HOME
  • 賛同される皆様へ(応援村 応援団員募集)

賛同される皆様へ(応援村 応援団員募集)

応援村 応援団員募集

「応援村 OUEN-MURA」は、様々な地域で懸命に⽣きる⼈たちを応援し、地域活性化・コミュニティの再⽣(⼈を孤独にしない)という社会的使命と役割を果たすことを⽬的としています。⾃治体⾸⻑を中⼼とした実⾏委員会を組成し、2020年8⽉〜「77億⼈えがおプロジェクト」、2020年9⽉〜「みんなの応援村presents エール・プラネット(応援村ラジオ)」等、具体的な取組を実施しています。

実行委員 (全41名)

 

応援団長からのメッセージ

応援村は皆さんの自由意志で
参加いただくものです
まずは「指導型の応援」とは
正反対のものと理解してください

応援村は何でも応援するところです
困っている人たちからスポーツまで
国から個人まで、何でも応援します
そして時には応援されることもあります

応援村の団員はいつでも
テーマを提案できます
それがどんなに小さなものであっても、
いや、だからこそ
応援村が応援をするのです

応援村の団員は
参加したいものには参加し、
したくないものは
無視することが出来ます

応援村のモットーは素早く動くこと
そして、国の手の届かないところ、
目の届かないところにまで
届かせることです

応援村の団員は無理することなく
それぞれの出来ることで参加してください

応援村 応援団員応募フォーム

現在、みんなの応援村では応援団員の募集をしております。
応援団員名簿は、みんなの応援村ホームページにて掲載されます。
ご登録のメールアドレスへみんなの応援村の最新情報(メールマガジン等)をお送りします。

---------------------------------------------------------------





テレビ、ラジオ等の各種報道SNSご家族・ご友人等からの紹介その他


複数名(代表者のご家族等)の登録を同時に行う場合は、下記にご入力ください。
応援団員名簿への氏名公表を希望する方は、公開希望欄にチェックをお願いします。

氏名 所属・肩書き等 メールアドレス 公開希望
1
2
3
4



応援団プライバシーポリシー・応援村応援団員規約・暴力団排除に関する誓約事項

応援村応援団に入団いただくには、
・応援団プライバシーポリシー
・応援村応援団員規約
・暴力団排除に関する誓約事項
に同意していただく必要があります。下記をご一読いただき同意いただける場合は、「同意する」にチェックしていただき「入団フォーム」にお進みください。

応援団プライバシーポリシー

第1 個人情報保護の管理方針について

応援村 OUEN-MURA(以下「当組織」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全スタッフに個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進いたします。

1.個人情報の管理

当組織は、お住まいの自治体の個人情報管理方針に従い、皆様の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、万全のセキュリティシステムの維持・管理体制の整備・全スタッフの教育等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

2.個人情報の取得および利用

当組織は、個人情報を取得および利用する場合には、利用目的を明確にし、特定された利用目的の達成に必要な範囲内で、適正に個人情報を取扱います。また、目的外利用を行わないための措置を講じます。

3.個人情報の利用目的

皆様からお預かりした個人情報は、当組織からの(本フォームにおいては、「応援村・応援団」に関する)ご連絡・業務のご案内・ご質問に対する回答・プレゼントの送付等のため、電子メールや資料のご送付に利用します。

4.個人情報の第三者への開示・提供の禁止

(1)当組織は、皆様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、法令に定める場合および皆様に同意をいただいた場合を除き、個人情報を第三者に開示しません。
(2)個人情報についてあらかじめ皆様から同意をいただいた提供先(本フォームにおいては、「応援村・応援団」の実行に関わるすべての者)以外の第三者に提供、開示等は一切いたしません。
(3)氏名の公表に同意されない場合を除いて、ホームページ等で氏名を公表する場合があります。

5.ご本人の照会

ご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

6.法令、規範の遵守と見直し

当組織は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

7.個人情報の取扱いに関する相談

当組織は、保有する個人情報の取扱い相談窓口を、各自治体および応援村事務局に設け、誠実に対応します。

応援村応援団員規約

(趣旨)

第1条 本規約は、地域で懸命に生きる人たちを応援し、地域活性化・コミュニティの再生(人を孤独にしない)という社会的使命と役割を果たすことを目的に取り組む応援村に参加する応援村応援団員に関し、必要な事項を定めるものとします。

(応援村応援団員の定義)

第2条 応援村応援団員(以下応援団員という)とは、応援村が行う様々な取組に自由意志で参加する者をいいます。

(活動内容及び権利)

第3条 応援団員は、「応援村応援団員」の名称を用いて、無理することなく、個々の可能な範囲で次の各号に定める活動を行うことができます。
(1)応援村において取り組む応援を必要とする様々な人への応援
(2)応援したいもの、人、地域等を応援するための企画の運営

(応援団員の登録等)

第4条 団員に登録を希望する者は、原則として応援村公式ホームページの応募フォームから申し込むものとし、申込があったときは、応援村応援団員名簿(以下「名簿」という。)に登録するもとします。
(1)応募フォームからの申込があったときは、応援村実行委員会は、団員に登録します。ただし、応村ならびに応援団員にふさわしくないと判断した場合には、登録しないことができるものとします。
(2)団員から登録の取消の申出があったときは、当該団員の登録を取り消し、名簿から削除します。
(3)本規約に違反した場合は、応援団員に通知することなく登録を取り消し、名簿から削除します。
(4)応援団員の登録に関する事務は、応援村実行員会事務局において行います。この事務に関して応援団員からの対価は必要としません。

(損害賠償)

第5条 応援村委員会は、団員が第6条に該当する行為を行ったことにより、応援村が損害を被った場合は、当該応援団員に対して損害賠償を請求できるものとします。
応援村実行委員会は、応援団員が行う応援について当該応援団員が被った一切の損害について責任を負わないものとします。

(法令遵守)

第6条 応援団員は、次の各号に定める行為を行ってはならない。
(1)法令に違反する行為
(2)公序良俗に違反する行為
(3)実行委員会及び団員を誹謗・中傷する行為
(4)実行委員会及び団員に不利益を与える行為
(5)選挙運動、政治活動、宗教活動、営利活動、もしくはこれに類似する行為
(6)応援村の運営を妨害する行為
(7)その他応援村実行委員会が不当と判断する行為

(禁止行為)

第7条 この規約に定めるもののほか、必要事項は別に定める。

(規約の適用および変更)

第8条 本規約は、応援団員と応援村実行委員会の関係に適用され、応援団員は、本規約に同意しているものとみなします。
応援村実行委員会は、応援団員の承諾を得ることなく本規定を変更できるものとします。応援団員は、変更後の規約に従うものとします。

付則 この規約は、令和2年9月26日から施行する。

 

暴力団排除に関する誓約事項

応募者である私もしくは団体(個人である場合は私、団体である場合は当団体)は、下記のいずれにも該当しないことを誓約いたします。この誓約が虚偽であり、又はこの誓約に反したことにより、当方が不利益を被ることとなっても、異議は一切申し立てません。また、下記のいずれにも該当せず、将来においても該当しないことを誓約します。

法人、団体である場合には、応援村実行委員会の求めに応じて、当方の役員名簿(有価証券報告書に記載のもの。ただし、有価証券報告書を作成していない場合は、役職名、氏名及び生年月日の一覧表)を提出すること、並びに、これらの提出書類から確認できる範囲での個人情報を警察に提供することについて同意します。

(1) 法人等(個人、法人又は団体をいう。)が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)であるとき又は法人等の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者をいう。以下同じ。)が、暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)であるとき。
(2) 役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしているとき。
(3) 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与しているとき。
(4) 役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を有しているとき。
(5) 役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれを不当に利用するなどしていると認められるとき。
(6) 前記(1)~(5)に該当する者の依頼を受けていると認められるとき。

※皆様に有用な情報提供をして参ります。